Head Cleaner (最適化&高速化)

初出日: 2009年3月5日 | 最終更新日: 2011年3月9日
投稿者: をかもと | パーマリンク

概要

WordPress サイトの <head> の中身と、フッタ領域を整形しなおします。
注意:PHP 5 以降のみ対応です。

  • IE6 以外の時は先頭に xml 宣言を付与。
  • 重複タグや、不要なタグ、コメント、空白を削除。
  • <meta name="description" /> タグが複数ある場合、一つにまとめる。
  • <meta name="keyword" /> タグが複数ある場合、一つにまとめる。
  • 話題の <link rel="canonical" /> タグを追加。
  • IE コンディショナルタグを判定して、ブラウザが IE の時だけ対象タグを表示。
  • CSS, JavaScript は、ブラウザが対応していれば gzip 圧縮転送。
  • 複数ある CSS を media 属性ごとに結合して一ファイルにまとめる。
    もちろん、そのファイルには インライン CSS も含まれる。
  • CSS を圧縮する。
  • CSS に含まれる画像の URL を、データスキーマ URI に変換する。
  • 複数ある JavaScript をすべて結合して一ファイルにまとめる。
    もちろん、そのファイルには インライン JavaScript も含まれる。
  • JSMin で、JavaScript のソースコードを圧縮する。
  • JavaScript をフッタ領域に移動することもできる。
  • フッタ領域の JavaScript も同様に結合して一ファイルにまとめる。
  • Prototype.js, script.aculo.us, jQuery, mootools が複数読み込まれている場合、1回だけ読み込むようにする。
  • Prototype.js, script.aculo.us, jQuery, mootools の読み込み順を修正して、できるだけコンフリクトが発生しないようにする。
  • CSS @import を展開して結合する。 (Ver.1.1.0 以降)
  • 管理画面より JavaScript を個別指定して、フッタに移動する。 (Ver.1.1.0 以降)

ダウンロード

head-cleaner.1.4.1.3.zip Ver.1.4.1.3
または
WordPress > Head Cleaner « WordPress Plugins

インストール

  1. /wp-content/plugins/ ディレクトリに head-cleaner ディレクトリを作成し、その中にプラグインファイルを格納してください。

     一般的には .zip から展開された head-cleaner フォルダをそのままアップロードすれば OK です。

  2. /wp-content/ ディレクトリ以下に cache/head-cleaner というディレクトリを作成し、さらにその中に js, css という2つのディレクトリを作成して、書き込み権限を与えてください。
  3. WordPress の “プラグイン” メニューから “Head Cleaner” を有効化してください。

Head Cleaner のオプション設定は “設定 > Head Cleaner” で行えます。

使い方

プラグイン同梱の readme_ja.txt を、お読みください。

更新履歴

2010/12/06 1.4.0 CSS に含まれる画像の URL を、データスキーマ URI に変換機能を追加しました。
2010/02/16 1.3.6 細かな不具合の修正
2010/02/10 1.3.5 wpSEO プラグインとの競合を解消
2010/02/09 1.3.4 All in One SEO Pack との競合を解消
2010/01/27 1.3.3 管理画面に JavaScript を削除できるオプションを追加
2010/01/25 1.3.2 インラインCSS内の@importを、<link rel="stylesheet">タグに変換
2009/09/08 1.3.1 細かな不具合の修正
2009/08/27 1.3.0 Google AJAX Libraries 対応
2009/07/14 1.2.0 オプションページでの設定項目を追加
2009/04/27 1.1.6 キャッシュディレクトリ指定を define() に変更
2009/03/30 1.1.5 php_browscap.ini を同梱
2009/03/19 1.1.3 アクティブフィルタに表示するフィルタを調整
2009/03/17 1.1.2 細かな不具合の修正
2009/03/10 1.1.1 JavaScript, filter の解析結果に有効期限を設定
2009/03/09
 
1.1.0
 
CSS @import を展開して結合
JavaScript を個別指定して、フッタに移動
2009/03/07 1.0.3 IE コンディショナルタグ判定の不具合を修正
2009/03/07
 
1.0.2
 
「WordPress.com Stats」「Ultimate Google Analytics」との競合回避
2009/03/06 1.0.1 script.aculo.us のロード順修正
2009/03/05 1.0.0 JSeries リリース

作者のエントリ

WordPress > Head Cleaner@WordPress Plugins

Cleaning tags from your WordPress header and footer.

Head Cleaner (仮) で、なぜ速くなるのか?@dogmap.jp

WordPress Plugin には、WP-Cacheや、WordPress Super Cache と言った高速化を実現するためのプラグインが多数あります。
これらのプラグインは、本来は動的に生成している WordPress のコンテンツをサーバ上にキャッシュしておいて、サーバ負荷を減らし、クライアントからのリクエストに対して、素早く返答しようというモノです。
つまりは、サーバ側の処理(バックエンド)の高速化。

Head Cleaner (仮) は、これらのプラグインとは違い、クライアント側の処理(フロントエンド)を高速化しようと言うのが狙いです。
多分、今まで無かったタイプの高速化プラグインでは無いでしょうか?

Head Cleaner (仮) - ここまでのまとめ@dogmap.jp

さて、先日から「Head Cleaner (仮)」を、夜半になると Twitter 上で公開しては修正、機能アップを繰り返してきたのですが、盛り込みたかった機能もかなり盛り込めたので、これより熟成期間に入ります。
で、熟成期間に入る前に今までの経緯をまとめておきます。

Head Cleaner (仮)@dogmap.jp

WordPress にプラグインをガンガンと突っ込んでいくと 部に、JavaScript やら CSS やらが、ドンドン追加されて、カオスなことになってしまいます。
そんな状態の自サイトを「YSlow for Firebug」で診断してみると、とても低いスコアになったりしてガックリ来るわけです。
プラグインを外したりしたくなかったりするので、チマチマと修正したりして使っていたんですが、プラグインのバージョンアップのたびに修正するのも面倒です。

そんな折、「WordPress Head Cleaner」というプラグインを見かけました。
これは、ひょっとして 部を自動でキレイにしてくれるのか?と期待してダウンロードしてみたんですが、ソースを見てガッカリ。
ついカッとなって、こんなプラグインを作ってしまいました。